HOME > 家族滞在ビザ(在留資格)

技能

 

日本で就労や留学のビザ(在留資格)を取得している外国人の、
扶養を受けている配偶者や子供が日本で一緒に生活する場合に、
取得するビザ(在留資格)が家族滞在ビザ(在留資格)です。

 

 

ビザ(在留資格)取得の為には一定の要件が必要であり、

その手続や書類作成にはかなり手間がかかります。

 

 

また、的確な手続を行わなければ、余計な時間がかかったり許可が下りなかったり、
面倒なことになります。

 

 


家族滞在ビザ(在留資格)とは、
日本で就労や留学のビザ(在留資格)を取得している外国人の、

扶養を受けている配偶者や子供が日本で一緒に生活する場合に、

取得するビザ(在留資格)です。

 


たとえば、

 

・日本で働いているが、海外から配偶者を呼んで日本で一緒に暮らしたい


・企業の人事部が外国人社員の配偶者と子供を日本に呼ぶ


・留学生が海外から配偶者を呼んで一緒に生活し、扶養する場合

 

これらの場合は、家族滞在ビザ(在留資格)を取得する必要があります。

 


留学生が家族滞在ビザ(在留資格)で配偶者や子供を呼ぶ場合、
学生であるため、資格外活動の申請をしてもアルバイトしか就労が認められておらず、

収入面が安定しないという観点から、ビザ(在留資格)を申請しても
不許可になるケースが非常に多いといえます。

 


ですので、扶養者の扶養能力を証明することが重要となります。