HOME > 企業内転勤ビザ(在留資格)

技能

 

外国人が、海外の本社から日本支社に転勤する等の場合、
当該外国人は企業内転勤ビザ(在留資格)を取得する必要があります。

 

 

ビザ(在留資格)取得の為には一定の要件が必要であり、

その手続や書類作成にはかなり手間がかかります。

 

 

また、的確な手続を行わなければ、余計な時間がかかったり許可が下りなかったり、
面倒なことになります。

 

 


外国の事業所から日本の事業所に期間を定めて勤務して行う等により、
技術や人文知識・国際業務のビザ(在留資格)に対応する活動をするためのビザです。

 


日本支社に転勤してくる外国人や、

海外にある関連会社から出向してくる外国人が

 


この企業内転勤ビザ(在留資格)の対象です。

 

 

たとえば、

 

・海外の子会社で働く外国人が日本に出向して来る


・海外の関連会社から外国人が出向して来る


・海外の本社で働く外国人を日本支社へ呼び寄せる

 

これらの場合は、技能ビザ(在留資格)を取得する必要があります。

 


企業内転勤ビザ(在留資格)は、
外国の事業所において1年以上の業務経験があるということと、
日本人と同等額以上の報酬を受けることが取得のための要件です。

 


ここでいう転勤は、同じ企業に限られず、系列企業からの出向も含まれます。