HOME > 日本人の配偶者等ビザ(在留資格)

日本人の配偶者等ビザ

 

外国人が日本人と結婚した場合や日本人が外国の子供を特別養子にした場合、


(家庭裁判所の審判により、原則として6歳未満の子供に対し、
産みの親との身分関係を切り離し、養父母の実の子と同様な関係を成立させるもの)


そして日本人の子として外国の子供が出生した場合、
当該外国人は日本人の配偶者等ビザ(在留資格)を取得する必要があります。

 

ビザ(在留資格)取得の為には一定の要件が必要であり、

その手続や書類作成にはかなり手間がかかります。

 

 

また、的確な手続を行わなければ、余計な時間がかかったり許可が下りなかったり、
面倒なことになります。

 

 


日本人の配偶者等ビザ(在留資格)とは、
日本人と結婚した外国人、日本人の特別養子、


(家庭裁判所の審判により、原則として6歳未満の子供に対し、
産みの親との身分関係を切り離し、養父母の実の子と同様な関係を成立させるもの)


そして日本人の子として出生した者に対して付与されるビザ(在留資格)です。

 


たとえば、

 

・留学中に知り合った外国人と結婚し、その後日本で生活することになった


・日本人と離婚した外国人が、ビザの期限が残っている内に別の日本人と結婚する


・日本人と外国人の夫婦の間に子供が生まれた


これらの場合は、日本人の配偶者等ビザ(在留資格)を取得する必要があります。

 

 

結婚による日本人の配偶者等ビザ(在留資格)の申請については、
殆どが偽装結婚ともいわれており、

 


特に中国人、韓国人、フィリピン人、ロシア人女性について
入国管理局での審査が非常に厳しくなっています。

 


真正の結婚であっても手続きに不手際があれば、
偽装結婚の疑いをかけられてしまう危険があります。

 


したがって、配偶者ビザの取得のためには真正な婚姻であることを立証するため、
様々な書類を揃えて提出する必要があります。