HOME > 研修ビザ(在留資格)

技能

 

海外の外国人が日本で研修を受ける場合は、
当該外国人は研修ビザ(在留資格)を取得する必要があります。

 

 

海外から技能を持っている外国人を日本に呼ぶ場合は、
当該外国人は技能ビザ(在留資格)を取得する必要があります。

 

 

ビザ(在留資格)取得の為には一定の要件が必要であり、

その手続や書類作成にはかなり手間がかかります。

 

 

また、的確な手続を行わなければ、余計な時間がかかったり許可が下りなかったり、
面倒なことになります。

 

 


研修ビザ(在留資格)とは、
日本の技術や技能、知識を修得することにより、
各国の経済や技術などの発展に寄与することを目的とするビザ(在留資格)です。



現在、研修ビザ(在留資格)は62職種114作業について、
全国各地で受け入れることができます。

 

 

また、研修生が研修を修了したあとに、就労することを認める技能実習制度もあります。

 

 

主に技能実習制度については、


機械・電気関係、

繊維関係、

建設関係などにおいて認められています。

 

たとえば、

 

・海外から電子機器組立・金属プレス作業等の機械・金属関連の研修生を呼び寄せる
・海外から大工やとび等の建築・土木関連の研修生を呼び寄せる<>
・海外から食鳥処理加工等の食品製造関連の研修生を呼び寄せる

 

これらの場合は、技能ビザ(在留資格)を取得する必要があります。

 

 

研修生を受け入れる側としては、
優秀な人材の受け入れによる事業の活性化、国際交流による対外イメージアップ、
将来の海外要員の確保等のメリットがあります。

 


外国人研修生の受け入れは、様々な相乗的効果を生み出します。