HOME >中国人との国際結婚のポイント>中国人と結婚シリーズ第3回

【中国人と結婚シリーズ第3回】

 

結婚しようと思った相手がオーバーステイであった場合

 

 

結婚に関して言えば、有効な在留資格を持っていなくても日本で結婚することができます。

 

しかし結婚したからといって、配偶者がオーバーステイであるということに変わりはありません。

 

結婚しても自動的に日本人の配偶者等の在留資格が付与されるわけではないのです。

 

オーバーステイの状態では、法律に反しているわけですから、もちろん病院にいくための国民健康保険も加入できませんし、就労もできません。

 

そしていつ強制送還されるかもしれないという精神的に不安な状態で毎日を過ごさなければいけません。

 

さて、法務大臣が、在留資格の無い、オーバーステイの外国人に対して在留を特別に許可することを「在留特別許可」といいます。

 

よく誤解される方がいらっしゃいますが、在留特別許可はビザの申請ではありません。

 

出頭したオーバーステイの外国人に対し、法務大臣が在留を特別に許可することが、在留特別許可なのです。

 

もしも、「在留特別許可」を認めてもらえなければ本国へ強制送還されます。

 

在留特別許可の手続きは、日本人の配偶者とオーバーステイの外国人の夫婦での出頭から始まり、違反審査や口頭審理などの手続き経て、法務大臣の裁決が行われ、不許可の場合は退去強制となりますが在留特別許可がなされると、ここで初めてオーバーステイの外国人に対し正式な在留資格が付与され、在留期間が決定するわけです。

 

出頭からここに至るまで期間としては1年ほどかかります。

 

 

 

前のページへ 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】  次のページへ

 

無料相談