HOME >中国人との国際結婚のポイント>中国人と結婚シリーズ第14回

【中国人と結婚シリーズ第14回】

 

中国での駐在ビザを持つ日本人が、中国で一緒に暮らしている中国人配偶者を伴って日本に一時帰国する場合について

 

 

例えば、中国で暮らしている日本人駐在員と中国人の夫婦がおり、帰省などで一時的に、日本人駐在員が中国人の配偶者を同伴して日本に帰国するということがあります。

 

この場合は、中国人配偶者について、在中国の日本大使館または領事館で90日以内のビザを申請する必要があります。

 

この場合のビザにはシングルビザとマルチビザの種類がありますが、マルチビザの申請の場合は、日本人と中国人の婚姻期間が1年を経過しており、かつ申請者である中国人配偶者の日本への出入国歴が1回以上確認できることが必要となります。

 

このマルチビザの有効期間は1年、3年、5年と種類があり、滞在日数は15日または90日となります。

 

また、日本人の駐在期間が終了して、日本に帰国することとなり、中国人配偶者が来日し、日本人の配偶者として一緒に日本で生活する場合は、日本人の居住地を管轄する地方入国管理局にて、中国人配偶者の日本人配偶者等在留資格認定証明書の交付申請を行う必要があります。

 

 

 

前のページへ 【12】 【13】 【14】 【15】 【16】 次のページへ

 

無料相談