HOME >中国人との国際結婚のポイント>中国人と結婚シリーズ第18回

【中国人と結婚シリーズ第18回】

 

日本人と中国人が結婚し、中国で暮らしている間に子供ができ、その子供が中国を出国する場合

 

 

例えば、中国で生活する日本人と中国人の夫婦に子供が生まれ、日本側配偶者の実家に里帰りする等の時に、子供のパスポートを申請して出国する必要があります。

 

当該子供の出生の際に、日本の国籍法と中国の国籍法の両方に基づき出生の手続きを行っている場合、日本と中国のどちらのパスポート即ち旅券を取得して出国するかという問題があります。

 

方法としては日本国旅券を取得し中国から出国する場合があり、この場合は、日本国旅券の交付を受けた後で、公安局出入境管理局において中国査証の申請を行う必要があります。

 

中国の国籍法では、二重国籍を認めていないため日本人と中国人との間で中国国内において出生した子の取扱いは、父母のどちらも中国以外の国籍を持つ場合の子供とは扱いが異なります。

 

日本国旅券を取得して中国から出国をする場合は、中国国籍の離脱にもつながる場合がありますので、事前に在中国の日本大使館または総領事館に相談をするべきです。

 

また、国籍留保を行っている子供に限っては中国旅券で出国するということもあり得ます。

 

日本の入国管理法では、日本国籍を有する者は、日本人として、原則として日本国旅券を取得して、中国から出国手続きをする必要がありますが、中国が二重国籍を認めていない関係上、日本国籍を留保している子供に対する便宜を考慮して、中国の国籍法に基づく出生の手続きを行い、戸口簿に記載した後、公安局出入境管理局にて中国旅券の申請を行い、日本国のビザ申請をする必要があります。

 

 

 

前のページへ 【15】 【16】 【17】 【18】 【19】 次のページへ

 

無料相談